Write | Admin 






(5年前の検査結果)


ムホホ… 66歳にして血管年齢20代前半!
「え?ウソ!機械の故障かも知れへん。ちょっと先生に聞いて来ます」
と、看護師さん。
55歳で血管年齢を検査した時は、右が40代前半、左が30代後半。その6年後にした検査(下の写真)では左右とも20代後半に若返り、そして今日の検査では左右とも20代前半‼︎

そういえばジェームズボンドもときどき若返ってるな。
さあ〜!気分爽快!今日も行くぞ夜の巷へ‼︎ アバンチュールが僕を待っている‼️









いつ来ても美味しくて幸せな気分になる和幸のトンカツ。
(京都御池ZEST店)





うちの二階のトイレの写真。
毎日、好きな映画やドキュメンタリーを録っていたら知らん間にこんなに溜まった。
disk1枚に映画で7~10本収録できていて、大体8,000タイトル。さてどうやって観るか…

思い返せば録り始めたのは30数年前、はじめはVHS、それからS-VHS、それでカセットテープが蜜柑箱いくつにもなり置き場所が無くなってきたので、映画好きの友人に「全部引き取る」というのを条件にあげた。

それからしばらくは余程のコンテンツしか録画しない日々が続いたが、近所の家電屋さんに呼ばれて行ったイベント会場で見た、52インチのプラズマ大画面に魅せられ、Hi Visionのビデオデッキとセットでローンを組んでもらった。そのTVが1年ほどで故障して修理に出したら、交換ということになったので、それを機に60インチにバージョンアップ。

それから再び録画済みのHi Visionカセットテープが増えに増えた。その後、次第にテープが入手しにくくなってきたことと、どう考えてもBlu-rayの方が便利なので、2テラのBlu-ray録画機を買った。
これは非常に便利で、複数番組の同時録画が出来たり、録って面白くなければ簡単に消せるし、discに保存するコストも、映画1本あたり20円前後と素晴らしいコストパフォーマンス。第一嵩張らない!と思って、ろくに映画を観る時間も無いのに気になるものを何でもかんでも録っておくようになり、2テラのデッキは4テラに変わり、そうして今に至っている。

まあ、こんな風に何でもかんでも録っておく利点は、ふと良い監督を知ったり、好みの俳優が出ているほかの作品を観たくなったとき、ネットでその監督や俳優の「その他」の作品を検索し、ストックから見つけ出していつでも観られることだ。
そういう時って、とても優雅な気分になる。

また、映画に限らずどんな事柄でも物でも、それについて知れば知るほど愛着が深くなる。
モノが増えていくのはある程度仕方がないなあ。







ネギ山盛りのチャーシュー麺!






満腹!





デザイン書道家の皆様へ、『日本のデザイン書道家(本年12月発行予定)』応募のご案内です。

弊社が『日本デザイン書道名鑑』を発行し、早くも18年が経過しました。この間、「デザイン書道」という言葉が普及して新語になり、映像や広告の世界で優れた筆文字作品が溢れる一方で、時には言葉だけが独り歩きして、奇をてらっただけの下手くそ文字が「デザイン書道」として大手を振って歩いたり、Wikipediaでも「デザイン書道」について見当外れな定義がなされたり(※)と、苦笑することも多い日々でしたが、この度、JDCA(一社・日本デザイン書道作家協会)久木田理事長がデザイン書籍専門のマール社さんと話をつけ、株式会社アドシアターの企画編集で『日本のデザイン書道家(仮題)』を発行する運びとなり、ようやくデザイン書道の褌を締め直す時が来たなと久々にアドレナリンが湧いています。

掲載作家は紙面の関係上200名程に限定されますが、これは18年前の「名鑑」と同じく作品と作家の連絡先を記載する、「プロが仕事を取るための本」ですので、奮ってご応募ください。
もちろん弊社の『筆文字なび』部門も、全面協力させていただいております。

※故桑山弥三郎氏は、『デザイン書道名鑑』の巻頭頁で「デザイン書道」をこう定義づけています。
「デザイン書道とはデザインの要素として毛筆体を取り入れることやロゴタイプの表現を毛筆で表すことなど書道にデザイン意識が加わったものを言う。複製されるためにサイズの変化に耐え、墨から色になったり多くの制約を受ける。それは書道といっても観賞だけでなく使用目的が明確で優先され、その内容を表現する線やかすれや字体が求められる。さらに美しく、読みやすく、印象が強いもの。その上に強さや、親しみ、優しさ、さわやかさなどがつけ加えられることもある。(以下略)」
http://www.sho.ne.jp/designshodo.html




早いものでもう18年が経ちましたか。
あの時はこの本と『日本のイラストレーター1000人』の同時出版で体重が10キロ減った。
もう二度とやりません。




故桑山弥三郎氏と。2001年2月3日、桑山さんの著書の出版記念パーティーで。




北白川魁力屋本店でチャーシュー麺大盛り!

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の直接の原因となっている首の脂肪を取るための減量と、日課のような毎晩の晩酌を止めるため、帰り道で晩飯を済ませる。昼食も完全にやめ、1日2食に戻した。
12kg減量して60kg台に戻ったら、不整脈や高血圧といった諸々の問題も一緒に解決するだろう。
まだ死んでられまへん!



今日の朝風呂〜!
久しぶりの南紀ベルヴェデーレ^ ^///
5時半からたっぷり2時間入りました。


昨日電話で「ちょっと和歌山へ温泉入んに行かへんか?」と友人を誘い、タオル一枚頭に巻いて出てきた彼を乗せ、そのまま南紀周参見まで来て、たまたま一部屋空いていたので泊まった。
朝目を覚ますと、「コロやん、これ見てくれ」と、彼は両耳からティッシュペーパーを抜き出す。耳栓だ。
夜中に、呼吸が何秒も止まったと思ったら今にも死にそうな大いびき、僕がそれを繰り返すため、3時間しか眠れなかったらしい。それはそれはすまんm(_ _)m

いびきは子供の頃からだが、この大いびきは体重の急激な増加と、飲酒が原因の、睡眠時無呼吸症候群が重なっている。
ヤバイ!真剣に治そう!
親父はガンで死んだが僕はこのまだと心臓か脳で死ぬ。


今日一日天気は良かったが外出せず、洋物のホラー映画4〜5本観て、1本残す。
これからはDiskへのダビングは、ホラーにつては中身をチェックしてからにしよう。ほとんどの作品が、怖くもなく只々ヌルヌルベトベトして汚らしいだけだ。
子供の頃に観た『四谷怪談』や『亡霊怪猫屋敷』のように、漏らした小便も凍るような恐怖を味あわせてくれる“名作“は無いものか。

洋物のホラー映画の多くは「怪物」が登場する。だから怖さを演出するために、勢いグロテスクにならざるを得ない。怪物とは「制御不能の化物」であるが、それは誰の目にも見えるし、触れるし、殺されもする。これに対し本来の日本のホラー映画の多くは、「幽霊」という異次元の生物がモデルとなっており、これは殺すこともどうすることもできない。もう一つ、幽霊は登場人物の良心の呵責のような部分にグサ〜っと刺さることが多く、また特定の人の目にしか目ないために、主人公に感情移入する過程で、孤立感と恐怖心が高まってくる。

思うに、やはり恐怖映画は日本が世界の雄だ
ハリウッドでリメイクされるのもよく分かる。こういう日本的「恐怖」が世界の共感を得て広がっていく現象を見るのはとても楽しい。





洋物のホラー映画の中で、僕がいちばん怖かったのは『オーメン』。
これは幽霊ではないが「悪魔」という異次元の超生命体がモデルだった。やはり、手に負えないやつがいちばん怖い。


午前10時からの営業なのに20分についてもう駐車場ほぼ満車の状態。
ちょっと有名になり過ぎたなあ。





http://yume-konda.com/spa/about.html









駐車場ほぼ満車。
写真撮れそうにないのでHPから。
さあ!今日も入るぞ!今日の男湯は海側か藪側か!?


https://ukawaonsen.jp/
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 3
8 9
12 14 15 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索