Write | Admin 



芸能人であろうがなかろうが、日本人であろうがなかろうが、自分たちを取り巻く政治がおかしいと感じれば発言するのは当然のこと。
特に芸能人は表現者である以上、その思想心情(内面)も表現すべきなのは言うまでもない。内面の表現に圧力をかける事務所など潰してしまえ。芸能人は表現者として、右も左も集まって自分たちの事務所を作れば良い。

そこで大事なのは、「右も左も集まる」ということ。互いの政治的思想的立場を尊重し合い、互いに激論を交わし、思想を深め、見識を高め、それを「芸」の中に昇華してゆく。ロバート・デ・ニーロやアシュレイ・ジャッド、どういう役柄をこなすにしてもなかなか良い顔してしてるじゃない。かなり偏っていて考え方に共鳴は出来なかったけど、津川雅彦の演技も表現者として素晴らしかった。右であろうと左であろうと、本物の表現者こそ、本物の芸能人だと思う。
自分の政治的な考えを表明できない芸能人は、芸人であっても表現者ではない。




でも嬉しいなぁ!
こういうの見ると、みんなちゃんと考える人たちだったんだと気付かせてくれる。
正直言ってTVや映画で観る彼等は、ごく少数を除いて、あまり考えない人たちだと思っていた。

素敵な確信犯^ ^
いつか「安倍首相が自慰を表明」とでも書きそう。





昔『侍魂』というサイトがあって『先行者』というのがアングラでヒットしたけど、こういうの楽しいだろうな。



この人、本読めてない。
ポーズだけにせよ、こんな風にグラビア雑誌の頁を捲るように文字ばかりの本は読めないし、読むもんじゃない。それに、何この姿勢。学校でこんな姿勢でずっと授業受けてきたの?何この顔。これは何も頭に入らないし、記憶できないし、ましてやものを考えることなんて「impossible」という顔だ。
これではあかん。




それに、こういう重大な時局を迎えているのに国の頭ともあろう者が、せめて不眠不休で指揮を執っている姿を写せよ。
こいつに言うてやる人間、誰もおらんのか。


シンギュラリティが起きる頃に、国民の5人に1人が認知症。
当然、指導的地位にある人々の中にも認知症は蔓延する。彼等はそれを自覚する事を拒否し、“AI”という乗り物を暴走させる。
ヤバい、非常にヤバい…
また若年層が、食生活の不良で慢性的に脳のタンパク質が不足して、認知症の発症年齢が低下してくると更にヤバい。


https://project.nikkeibp.co.jp/hitomachi/atcl/column/00010/032500006/?utm_source=nikkeibp&utm_medium=banner&utm_campaign=jm1201


面白いけどどうやって稼ぐのかな?
①テイクアウトとセットにする。
②リアル店舗とのハイブリッド型。
③タイムチャージ制(これは意外と割高感があって難しいか)。

まあ何にしてもこの先、素人ネット酒場が蔓延しそう。

そこで、カリスマホスト・ホステス・バーテン・マスターが生まれ、新しい収益モデルも出来ていく。一時期一世を風靡した「セカンドライフ」もコラボで息を吹き返すかも知れない。自撮りフォトジェニックアプリもどんどん進化するだろう。Zoomのバーチャル背景も一気に豊富になる、でも静止画は良いが動画は煩がられる。ネット酒場とリアル店舗を平行していける店は持ちこたえるし、ネット酒場を上手く活用できるところは更に繁盛するが、旧態依然とした酒場の多くは常連客の高齢化と共に衰退の一途を辿る。
眠くなってきた。zzz…


然しながら、補償無き"お願い"。
安倍のおぼっちゃまには実感としてとらえられんだろうけど、大多数の国民はみんな、働かないと食えないんですよ。

https://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/09d3a4404305ef0e62e7e5d26acce9c0

l
安倍政権が、私物化した桜を見る会に、それと知りながら敢えて反社会勢力を招き入れた目的はここにあると思う。
そういう方のパーティーに出たことがあるから分かるが、権力志向の強い人間は、自分に逆らったらどうなるのかを、黙示したがるものだ。つまりは、こういう不審死の情報が漏れ伝わることも、今のような政権にとっては喜ばしいという事になる。

中国の民主活動家の間では「私は決して自殺しません。」宣言が拡がり、権力による暗殺に一定の保険を掛けているが、そろそろ日本でも中国の活動家を見習う時かも知れない。
但し主権国家でない日本の場合、事情はもう少しややこしいが。



子供の教育にとって、この男が日本の総理大臣であること以上に悪いことはない。
この顔はPG-12指定だ。
2,26事件の頃の日本なら真っ先に斬り殺されている。

(青木美希さんのfacebook頁より)


こういう記事をお書きになっている朝日新聞の記者が、本人の意思に反して現場を外され、もう記事が書けない部署に配属された。

安倍政権が、まずい対応で新型コロナウィルスの騒ぎを煽り、これに乗じて火事場泥棒的に作った緊急事態基本法。これに伴ってマスコミの権力への追從が加速している。
言論統制ー独裁政治に直結するこの法律、悪い冗談だと思っていたが本当にやりやがった。

青木さんの著書『地図から消される街 3,11後の言ってはいけない真実』を早速amazonで注文。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索