Write | Admin 



ありがたい世の中になったなあ‼️
これでみんなiPadやスマホを運転席に貼り付けて走るようになるでしょう。
カーナビ売れない。。。



8年間で15万km近く走り昨日車検から帰って来たアイだけど、ついこの間ターボを交換しミッションをオーバーホールしたのに続いて今度はエンジンの交換が必要になって来た。
わお!




『荒野の七人』から56年!
黒澤明の最高傑作『七人の侍』のニューハリウッド版!『マグニフィントセブン』!いつまで待ってもWOWOWで放送してくれないのでBlu-rayを買った。
島田官兵衛(志村喬)に扮するのはデンゼル・ワシントン!さあ今夜は観るぞ!


【追記20200219】
全然あかんかった。
『七人の侍』で描かれた黒澤のヒューマニズムも哲学も、全く表現されていない(というより理解できていないのかも知れない)ただの雑な復讐劇。やっぱりアメリカ人には無理なテーマなのかもしれない。これなら黒澤と同い年のジョン・スタージェスが作った『荒野の七人』のほうがよっぽど良い。『七人の侍』はもう20回以上観たけれど、これは2回観ることはないだろう。

https://school.toei-kyoto.com/act/



これ良いなあ。
街角で座り込んで昼間から酒飲んで繰り言を言ってるおっさんの役なら出来そう。




いつも正月には30㎝ほど積もっていたのに、ようやく今頃になってこの冬初の積雪。
今年の台風は怖いな。



そういえば、今日は68回目の誕生日だ。
ジェロニモ!俺もいつかこういう顔になりたいなあ。


と言いながら今ブログの投稿ボタンを押そうとしたら、「6時6分6秒」だったのでとりあえず中止し、「7時7分7秒」の予約公開に設定し直す。誕生日の話に666はいかん、次の誕生日を迎えられんかもしれん。

66歳で死んだ親父が、体調を崩して入院して以来ずっとこの忌まわしい数字に付きまとわれ、最後の斎場の窯まで6番だった。
後に母が、夢の中に出てきた父に「6番の窯で焼いた」ことを伝えると、「もっと違う番号無かったんか?」と父に言われたらしい。本人も嫌いだったようだ。

今日長男が厄年の誕生日を迎えたので、「厄年表」を開いて妻に聞く。
「女の厄年、33歳って何があった?」
「お父さんと離婚しょうと思ってた」
「19歳は何かあったか?」
「お父さんと別れようと思ってた」

話題を変えることにする(^^;;



https://m.youtube.com/watch?v=2A7nB14k-sY


つい先日、盛岡に住む書家の伊藤康子さんからメールが届いた。
一昨年マール社から出た『日本のデザイン書道家』から、この映画の脚本家が彼女を見つけてくれて、欧文のタイトルを書いたそうだ。限られた業界の専門書だけに、販売部数はそう伸びていないようだが、必要な人たちの手には渡っているということか。

本に載ったこと、背中を押してくれてありがとうというようなメッセージがあった。
何より、いいお仕事おめでとうございます!
ボケ防止にと思って仕事場で毎日数枚チョコレートを食べ始めたら、毎日鼻血が出るようになった。





【追記 20200209】
このチョコ作戦、頭が良くならないのに体重だけ増えてきたのでヤメ!
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 8
10 11 13 14 15
16 17 19 20 21
23 25 26 27 28 29
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索