Write | Admin 

(露天湯から見る朝日の抜戸岳、2,813m)


(南は焼岳、2,455m)


(昨年から新緑の4月、入道雲の8月、紅葉の10月に続いて雪見の1月と、これでここの湯船の四季を体験した!)


(今回は腰痛と坐骨神経痛に苦しむ、寒い所大嫌い人間のMr.マサイ族と、その奥方を引っ張って来た。2ヶ月以上前に予約して本人も楽しみにしていたのに、前日になって平湯の気温を見て「ワシそんな寒いとこいやや!」なんて本気で言い出して困ったが、暫し痛みを忘れられたようで何より)


一昨日から昨日にかけての一泊二日、新穂高温泉深山荘初めての冬季雪見風呂体験!
やっぱりいいなあ❣️
残念ながら雪は少なかったけれど、チェーン使わずに来れたのは有り難かった。平湯トンネルは氷点下10度以下とかなり冷え込むので用心して北陸道富山ICから国道41号線と471号線を南下。翌日は引き続き天候も良かったので平湯を経由して帰った。
東から通じる安房トンネルが凍結で通行止のため、キャンセル客が多く友人夫婦と共に良い部屋がとれて幸いだった。

新穂高温泉郷は、最奥にある新穂高ロープウェイが通年営業している関係で除雪も行き届いているので、冬は結構穴場です。スタッドレスだけで行くなら、富山周りが無難。


ここは女湯。男湯はイマイチ。




国民宿舎にしては料理は良い方。
熱燗も美味しかった。




お風呂も料理も良い写真が撮れなかったので、水明荘さんのHPから。
http://www.suimeiso.jp/new-spa/


しかしいつも通りにやってるのに何でテキストにアンダーラインが入るのか…
このブログサービス、有料コース使ってるのにホントにダメ。またバグってる。
アレ?消えてる。






未明の4時過ぎから7時前まで、星空を見ながら朝陽が昇るまで、たっぷり浸っては川の冷水を浴び、また川底から伝わってくる大地の熱エネルギーを吸収してきました‼️
今から朝飯です‼️











2時間半入っていて、もう一泊しょうかなあと余程思ったけど、今日のところは、、、
ああ、名残惜しい‼️




今日の朝風呂〜!
久しぶりの南紀ベルヴェデーレ^ ^///
5時半からたっぷり2時間入りました。


昨日電話で「ちょっと和歌山へ温泉入んに行かへんか?」と友人を誘い、タオル一枚頭に巻いて出てきた彼を乗せ、そのまま南紀周参見まで来て、たまたま一部屋空いていたので泊まった。
朝目を覚ますと、「コロやん、これ見てくれ」と、彼は両耳からティッシュペーパーを抜き出す。耳栓だ。
夜中に、呼吸が何秒も止まったと思ったら今にも死にそうな大いびき、僕がそれを繰り返すため、3時間しか眠れなかったらしい。それはそれはすまんm(_ _)m

いびきは子供の頃からだが、この大いびきは体重の急激な増加と、飲酒が原因の、睡眠時無呼吸症候群が重なっている。
ヤバイ!真剣に治そう!
親父はガンで死んだが僕はこのまだと心臓か脳で死ぬ。


午前10時からの営業なのに20分についてもう駐車場ほぼ満車の状態。
ちょっと有名になり過ぎたなあ。





http://yume-konda.com/spa/about.html









駐車場ほぼ満車。
写真撮れそうにないのでHPから。
さあ!今日も入るぞ!今日の男湯は海側か藪側か!?


https://ukawaonsen.jp/





和歌山県熊野市の山中にある雲取温泉で一人泊。
この日は素泊まりしかなくて、熊野市内のイオンモールへ買い出しに。
素泊まりの良さは、部屋食が出来ること。最近はパック物も鮮度が良いので、容器さえ気にしなければ結構美味い。

こういう気まま温泉旅をもう20年ほど続けている。
なぜ20年なのかというと、温泉に目覚めたのがその頃で、きっかけは、元来怠け者の僕でも出来る心身のリフレッシュと仕事に向かうイメージトレーニングに、この温泉というのが一番適しているような気がしたからだ。
それ以来、重要な決定をする時や、アイデアに行き詰まった時など、必ず温泉に入りに来ている。

温泉には大地の波動がある。
これにフリチンで大の字になって後頭部まで浸ることにより、乱れた脳波が正しいリズムを取り戻し、心身共に良い塩梅になり、正しい判断が出来る。

いつか時間を作って、東北あたりの源泉掛け流しの宿でたっぷり思いっきり、湯治をしてみたい。






http://www.chomei-zuikaku.com


滋賀県近江八幡の長命寺のすぐそばに、新しい日帰り温泉が出来てたと友人に教えられ、早速出かけて5時間入浴。
ゆっくり寛げるいいとこ見つけた^ ^

[1] [2] [3] [4] [5] [6]
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
4
7 8 9 11 12
14 16 19
21 22 24 25 26 27
28 29 30
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索