Write | Admin 



『筆文字なび』、15年ぶりに全面リニューアルしました。
作風から作家を検索する機能を新しく加え、そのほかユーザビリティを大きく改善しました。
筆文字お仕事受注サイト『筆文字なび』を、これからもどうぞ宜しくお願いします^ ^

http://www.sho.ne.jp/










和歌山県熊野市の山中にある雲取温泉で一人泊。
この日は素泊まりしかなくて、熊野市内のイオンモールへ買い出しに。
素泊まりの良さは、部屋食が出来ること。最近はパック物も鮮度が良いので、容器さえ気にしなければ結構美味い。

こういう気まま温泉旅をもう20年ほど続けている。
なぜ20年なのかというと、温泉に目覚めたのがその頃で、きっかけは、元来怠け者の僕でも出来る心身のリフレッシュと仕事に向かうイメージトレーニングに、この温泉というのが一番適しているような気がしたからだ。
それ以来、重要な決定をする時や、アイデアに行き詰まった時など、必ず温泉に入りに来ている。

温泉には大地の波動がある。
これにフリチンで大の字になって後頭部まで浸ることにより、乱れた脳波が正しいリズムを取り戻し、心身共に良い塩梅になり、正しい判断が出来る。

いつか時間を作って、東北あたりの源泉掛け流しの宿でたっぷり思いっきり、湯治をしてみたい。







最近、顔を近づけて、唸って、色んな表情をして見せて、それで怒らせることに成功した。
この純真無垢な春のイライラ顔、なんともかわいい。

フランケンシュタインのモンスターのラバーマスクを被って見せた時は、意外にも全く反応しなかった。
色々面白い研究ができる。



ゆっくり温泉に浸った後は酒がすすむ^ ^



二週間前の土日、福岡まで車で迎えに行った友人の就職が運良く決まり、昨日生活用品を職場の寮に彼と二人で搬入して一段落。
福岡での勤務先は、休みなく働いても寮費も残らず逆に会社への債務が残る、いわゆる貧困ビジネスの超ブラック企業だったが、新しい就職先は創業以来65年の会社で、社員寮が会社の敷地内にあり固定給+歩合制で健保も完備。これで気持ちにゆとりも出来たのか、彼らしいあほな冗談も復活していた。

僕も1月の寒い時期、彼が西成のドヤ街まで行っても職が決まらず帰って来て、うちに居候していたとき、何か本を読みたいというので、リクエストされた本の中におススメとして『ホームレス自らを語る』という本を入れておいたことがある。
「コロさんなんで今頃こんな本読ませるんや」と彼は暗い深刻な顔になって、しばらくは怖くて読めなかったらしい。「こんな経験滅多に出来へんのやから徹底的に落ち込まんかいへへへ」それで僕の意図が理解できたようだ。あの本はその後読んだらしい。



昨日、隔週で通っている上賀茂の整体に行ったが、筋骨凝り詰めているらしく、また四日後に治療してもらうことになった。自覚はなかったがこのところキツかったようだ。




安曇川上流の、朽木温泉「てんくう」へ。



http://gp-kutsuki.com/spa#01















ワンコと目が合ってしまった。





今日の京都は、東山五条で26度あった。
市内の桜は4月を待たずにどこももう満開。



将軍塚の東山山頂公園展望台から見る春霞の京都タワー。





東山山頂公園。





インクラインの桜並木。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 4
6 7 8 9 10 11
13 14 15 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索