Write | Admin 



今年は何かと濃い年で、A4判1日1頁の日記帳が、画像や資料を貼り込んで倍の厚さになった。
こういうのとても充実感を感じる。
特筆すべきことが何も見当たらない日は、残りの人生を考えとても損をした気分になる。

今年の仕事はこれで終わり。
今から職場のみんなで河原町のビヤホールへ!



計る前にキュウリ一本食べたので、あれ食べてなかったらあと100g低いはず。
ちょっとだけ男前が戻ってきた。






朝昼プロテイン。
夕食はメリハリつけて、くら寿司へ‼️


、、、、2人で30皿平らげ、これでキッチリ1kg増量。




84kgの時に高島屋で買ったズボンが緩んできた。
ベルトを締めるとシワができる。
大体、胴周りはマイナス1kgで1cm、頭の周り帽子のサイズはマイナス10kgで1cm縮む。


久木田ヒロノブさんのfacebookタイムラインから。
大仕事を終えてのこういう “時” っていいなあ(^ ^)




さっきamazonを開くと「新着」で出ていた『日本のデザイン書道家』。
もう長いことやってないけど、本作り、出版てほんとに楽しい。
ネット時代の書籍出版は難しいが、余裕が出来ればまたやってみたい。






実は21日の昨日はうちの会社でも、1年半越しの大仕事が成り、関わってくれた外部のブレーンとの祝宴があった。
めでたしめでたし!


11月18日の体重84kg。12月20日80kg。
あの減量サプリ腹持ちが良く、最近は朝昼の2食はこれにして、夕食は主に肉と茹で野菜で炭水化物は出来るだけ控えている。
70kgを切ったら、またウォーキングを始める予定。重いままで歩くと、苦痛なだけでなく脊柱管狭窄症を悪化させてしまう。

問題は、正月のおせち料理だ、、、





檸檬の苗を買って鉢に植えたのはかれこれ10年ほど前。ようやく一個丸々としたのが実った。
桃栗三年柿八年というが、檸檬の結実は柚子並か。
さてどんな味がするだろう。

それにしてもこの木、アゲハの幼虫にしょっちゅう齧られたり、氷点下に何度も置かれたりしたけど強いなあ。檸檬の耐寒温度が2〜4度だったって今日初めて知った。この木、南紀あたりで誰か育ててくれないだろうか。






JDCA(日本デザイン書道作家協会)理事長の久木田さんが突然お見えになり、デザイン書道家の名鑑を出したいと言われたのが今年の3月。

二つ返事で、喜んで協力するとは言ったものの、うちが出した18年前は構想から数年、募集から発行まで一年半を要したので、年内に出すなんて無理だよじっくり構えて来年にしたら?って言ったのだが、版下から作っていた18年前と今とでは、本作りのテクノロジーが大きく進化し、また久木田さんの手際の良さも手伝って本当に年内に出来てしまった。僕の時は別の本も同時に出したので体重が10キロ減ったが、もともとスマートな彼も3キロ減って髪も細くなったらしい。やはり命を削らない限り大仕事は出来ないということだ。
それにしても京都と東京では、時間の経ち方も違うようだ。

またアートディレクションを担当したのが、今や日本を代表するグラフィックデザイナーの一人となった美登英利さんで、彼の仕事の早さ美しさも折り紙つき。
彼とはたまに電話で話すだけでもう長く会ってないが、かれこれ40年近く前、地元京都でファッション雑誌のデザインを任された彼が、なかなか仕事に取り掛からず酒飲んで煙草吸ってばかりいるので、こいつ仕事する気あるのか、大丈夫かなどとイライラしながら観てたのだが、入稿当日の朝現場にいちばんに行くと、一晩で仕事を見事に仕上げた美登君が、革の長いソファーの上でアルマーニか何かのブレザーを肩にかけて死んだように眠っているのを見て、胸がいっぱいになったことがある。なかなかカッコいいやつだ。



(今年の3月23日。「年内に出したいと考えてます」「それは無理やと思うで」と話している二人)





うちも2頁書かせて頂いた。(タップで拡大表示)
ほんとお疲れ様でした。大ヒットして増刷されますように!

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
カレンダー
01 2019/02 03
S M T W T F S
2
5 8 9
12 13 14 15
19 21 22 23
24 25 26 27 28
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索