Write | Admin 





今ここ。
風薫る郡上八幡。







1972年8月に、3週間かけて稚内から襟裳岬まで一人で歩いた時の写真。
痩せてガリガリになってる^ ^

歩き始めて3日目に重いので荷物を送り返してしまい、夜になると寒くて眠れなかった。
工事中でまだ開通していない大雪山道路273号線を越える時は、標高1,000mの三国峠で陽が暮れて、次の村までだいぶありヒグマが怖かった。それで村に着いたら宿が無く、夜露を凌ぐために酒を飲んで電話ボックスに入ってポンチョ被ってうずくまって寝たけど、余りに寒くてボックスの外にベッドの幻を見たなあ。

終盤、行程が残り少なくなってきた頃、朝昼夜と通して歩き、東の空が明るくなってくる時に潮騒が聴こえて来たのは嬉しかった!でもそのまま歩き続けた翌日は、1時間かけて1キロも進まなかった。その夜の宿は本当にありがたかった。

当時の北海道は真夏でも夜はストーブを焚いていた。
バス停の小屋で寝ていた僕を、我が家においでと泊めてくださった自転車のお姉さん!そこで初めて知った干鱈の辛さ。豪華な手作りの一品を追加してくださった宿屋のご主人!お弁当にと枝豆を茹でて袋いっぱい持たせてくれたおばちゃん!ノックして中に入れてくれないかと頼んだら怖がって走り去った仮眠中のトラックの兄ちゃん!出遭わなかったヒグマ!そして満天の星空!
皆さまありがとうございました‼︎















岩出市で用があり出てきたところ、雨が上がり青空が広がって来たので、そこから30分ほど走って田舎(鞆渕)の家の様子を見に来た。
写真上の手前の畑は、一つ山向こうに住む元自衛隊の若い家族が耕作しているもので、彼らは農業法人を作り、あちこちの休耕地を活用して離農が進む山村の活性化に貢献してくれている。

ついでに前からちょっと気になっていた村で話題の「カフェともぶち」にも入って、濃い珈琲を注文する。
農家を改装して2年前にオープンしたお店。僕の母の実家の隣にあり、地元の農家の人たちにも親しまれ、新鮮な食材で作るオリジナルメニューで、地味ながら少しずつ固定客も増え続けている。
その日に近くの畑で採れた新鮮な食材が多く使われるというのも良いなあ。





https://maps.apple.com/place?address=〒649-6573%2C%20和歌山県紀の川市%2C%20中鞆渕1658&auid=2645157808028979892&ll=34.2197028%2C135.4459364&q=カフェ%20トモブチ



ところで帰りは大阪でなく奈良を通って帰ったが、京奈和自動車道が、五條北からナント郡山JCTまで延伸(新堂ランプー橿原北IC間はバイパス)していて、鞆渕から家まで正味2時間で帰ることが出来た!
次回からは絶対このコース!これで殺伐とした大阪の高速道路を走らなくてすむし、距離も短縮できて高速料金も下がる。有難や有難や。





痛いなあ!
あと3日で減点ゼロ免許証綺麗になってたのになあ、、、( ; ; )
また一年大人しくせなあかん、、、

週末だけど、今夜は外食やめて帰って粥でもすすろうか。




役目を終えて夜明けを待たずに去って行くシェーン。
良い映画やなあ。
この頃の西部劇は静かで美しかった。

携帯自動翻訳機「イリー」が郵便受けに入ってました。
「英会話勉強せずに遊んでいてよかった!」と、思えますように。(^ ^)

https://youtu.be/Vpj4cHVwK_Q




というか、これいじくっているうちに旅行英会話ぐらいは、全部マスターしてしまってるかもしれない。返ってくる声も、なかなか可愛いし。


・・・・・・・・・・・・追記・・・・・・・・・・・

帰宅してから何度やっても相手の言葉が日本語に翻訳できないのでよく調べてみたら、日本語から英語・中国語・韓国語への一方向の翻訳機能だけだった。
これでは会話はできない。
しまったな~、、、





いっぱい生えていた。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 4
6 7 8 9 10 11
13 14 15 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索