Write | Admin 



仕事場でたまりにたまった新聞記事の分類中。
この部屋だけで、これの10倍ぐらいの切り抜きがamazonの箱に入っている。
まだそれ以上のストックが家の倉庫にあって、どうしたものか思案中。。。

この1年ほどはデジタル版のストックに替え、一部プリントして綴じておくようにしてから場所を取らなくなったが、容量超過でデジタルストックが出来なくなり、プリント量が増えた。
これも困るなあ。




隅に積み上げた切り抜きの箱。
本棚やその他のモノは2日間かけてだいぶ綺麗になったけど、結局新聞記事だけが残った。






西表島でダイビングの店を開いている、大学の同窓生の笠井君に聞いたら、通称「ラクダ貝」という貝らしい。

八重山諸島へ行かれる時は、人気五つ星の彼の店をよろしく。
「ミスターサカナダイビングサービス&琉夏」
https://www.diver-online.com/shop/detail/id/x2jruT/





(一社 日本デザイン書道作家協会会報誌『Design書 123号から)





宮古島どこへ行っても「菊の露」で、それがまた美味かったので、今日帰り道にリカマンで買って来た一升瓶❣️
泡盛独特のクセが全く無いのも、たまには良いですねえ‼️そして酔い心地も自然で冷め心地も申し分なし‼️





これはひょっとすると泡波に匹敵する味だとは思うが、やはり泡盛は沖縄で飲むのが一番。。。
あの熱帯植物と潮風と牛糞の匂い、あれが泡盛の味を引き立てている。



「筆文字で伝えたいことば大賞」と「JDCA賞」の京都での審査を終えて、今から烏丸六角の梅の花さんで反省会です。
このお店の迷路感は、悪ガキ少年時代の「秘密基地」を思わせる何とも良い感じです。また、一部屋使った喫煙コーナーも秀逸❣️




サツマイモの切れ端を水に浸して、今日で16日目。
可愛いもんだ^ ^






これは9月16日に浸したところ。

御池地下街ZESTで、初めての瓶ビールを見つけた‼️
網走監獄黒ビール『監極の黒』。
まあ、こんなビールが囚人食堂にあったとは思えんが、と言いながらつい手が伸びる「監極の黒」‼️
味は⁉︎
まあ、お試しください‼️











これは僕。





先月近所の屋根瓦が降って来て、うちの家の塀の瓦も半分飛んでしまい、職人材料共に不足で修理もできていない中での大型台風の再来。

「なんで台風なんか来るんやろ。いやになってきた…」
と妻の弁。

宮古島で何日もテントを張っていた友人から、伊良部島の三角点からの海が良いと言われて、先日多良間島に行く前に通った時は場所が分からず行けなかったが、Googleマップで再度調べたら地名だけ載っていたので、昨日宮古島に戻ってから、台風の風が強まって通行止めにならないうちにと伊良部大橋を渡り、(渡ってから通行止めになったら帰れないので)とにかく探したが案内表示が見当たらない。

まてよと思って通り過ぎたところに戻って、停まっていた車へ戻って来た人に聞くと、そのアダンの隙間を縫って行くのだという。要するに「行っては行けないところ」なので道(執念深い観光客が踏み開いた獣道)の入り口に案内表示板すら作られていないという訳。でもアダン(これがトゲトゲで痛い)の獣道から抜ける手前にだけ、ここから身を乗り出してはいかんと書かれていた。

なるほど!観光客がアダンの密林に獣道を作る程の絶景ポイント!強風でiPadを飛ばされないよう握りしめながらも時々自分が吹き飛ばされそうになりうずくまる。怖さを忘れる美しさ!ええとこ教えてくれてありがとう‼️




アダンの獣道を抜け最初に目にした人跡未踏の断崖。




風が強くて吹き飛ばされそうになり何度もうずくまる。




覗くなと言われれば覗きたくなるのが人情。




この先が絶景ポイント!

(もし行かれる方は、アダンはよく怪我をするので帽子に長袖長ズボンが必要。地面も剥き出しの溶岩なのでそれなりの靴で)



イカのオヤジ焼きと焼鳥とマグロとイカの刺身で泡盛菊の露を頂いております。




この写真はホテルのHPから。




近隣の風景。

ホテルのそばに「シギラ黄金温泉」というのがあるけど、暑いからもうやめ!
https://www.nanseirakuen.com/onsen/

少しの間に台風の風がだいぶ強まって来た。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索