Write | Admin 

舞台は、さる温泉旅館の食堂座敷らしきところ。
広い畳の間に3人、①うちの番頭、②壁側に東海地方某県の教育長、③二人の間に僕が腰痛を理由に浴衣姿で寝転がっている。
過日、当社のコンテンツが某県教育委員会の広報誌に、巻頭10頁に亘って無断で使用されていたことが発覚し、印刷見本を2部要求したところ、教育長が自ら持ってこられた。
ただ、お持ちになった広報誌はどちらもひどく汚く、大便のような泥が付いていたので、番頭が堪りかねて質問した。
 
「あの~印刷見本なんですが、もうちょっと綺麗なものはなかったのでしょうか?」
それを手にして気づいた僕も、上体を起こして言う
 
「ほんまや、2冊とも泥だらけで擦り切れてますね。まるで汚いのを選って来たみたいに」
不肖の部下に恥をかかされた教育長は、ムッとして返す
 
「それは!そんなことありません。それしか残ってなかったのでしょう、入れた誰それの責任です私の責任ではない!」
まあ確かにそうだろうけど、そんな言い方も無いだろうと僕は
 
「ちょっと、あなた。謝罪にこられたんですか?反論しに来られたんですか?」
紅潮した教育長は、腰を浮かせ大きな声で
 
「どうして貴方は!そんな言い方で私を責めるのですか、まるで私の女房のように、そう、女房そっくりだ!」
売り言葉に買い言葉、僕も返す
 
「え?私は貴方の奥様にそっくりなんですか?じゃあこんど二人で「夫婦善哉」か「貫一お宮」でもやりましょうか?♪熱海~の~海岸~散歩~する~~♪」
と、僕は浴衣の袖をつまんでくねくねと踊りだす
教育長は和膳に肘を張って両手をつき必死に笑いをこらえている、次にその笑いをぐっと飲み込んで怒りのエネルギーに変換し、凄い形相で膝を立て僕を指差して叫んだ
 
「貫一お宮やるなら私がお宮です!!」
 
我慢できなくなった僕はその場で吹き出し、笑いながら目を覚ました。
 
そのまま布団で測ると血圧は150を超えていた。
忘れんうちにと思ってPCを起こす。 あの教育長なかなかいい人だなあ(^^) 
 
今年の初夢でした。
 
[639] [638] [637] [636] [635] [634] [632] [631] [630] [628] [627]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 8
10 11 13 14 15
16 17 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索