Write | Admin 




『ウォーホル日記』にこんな一節がある。

1984年10月9日 火曜日のこと。
アンディ・ウォーホルは、友人のジョン・レノン&オノ・ヨーコ宅を訪れ、彼が大好きな息子のショーンの部屋へ行った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
ショーンのベッドルームに入ってみたらーそこには若者が一人いて、アップル・コンピューターをセットしているところだった。ショーンが誕生日にマッキントッシュ・モデルをもらったんだ。ぼくのところにも、マッキントッシュをくれるという電話がかかってきたけどこちらから電話しなかったんだというようなことを話したら、その若者が顔を上げて、「ああそれはぼくですよ。ぼく、スティーヴ・ジョブスです」というんだ。すごく若く見える。まるで大学生みたいだ。そして、今からでも一台送りますよという。それから、コンピューターで絵を描く方法を教えてくれた、いまはまだモノクロだけど、すぐに色が使えるようになるという。キース(ヘリング)とケニー(シャーフ)がそこにあるのを使ってみた。キースは前にTシャツをつくるときに一度コンピューターを使ったことがあるが、ケニーははじめてだった。
目の前にいるこの若い天才がこういう機械を発明するのに一役買っているのかと思うと、自分がすっかり老け込んだ気がしたね。
 
(中原祐介・野中邦子訳:文春文庫)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

四半世紀前の天才同士の出会いのひとコマ。
それにしても第一線の画家、音楽家といったその分野の頂点に立つカリスマ達に、タダで“マックを贈る”という発想!彼は若い頃から、優れた発明家であるのと同じくらいに、優れた戦略家だった。
人は皆志半ばにして逝く。一人の人間としては、もう十分すぎるほどの足跡を遺したけど、本人はまだまだ生きたかっただろう。歴史は多くの場合、革新的なテクノロジーの出現によって動く。彼が人並みにあと20年生きていれば、未来は、彼が居ない世界とはだいぶ変わっていたはずだ。
 
惜しいなあ…



[408] [407] [406] [405] [403] [402] [401] [400] [399] [398] [397]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 8
10 11 13 14 15
16 17 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索