Write | Admin 






病み上がりの養生には、エネルギーの溢れる梅林で深呼吸し、生まれ故郷の湯に浸かるのがいちばんと考え、昨日、和歌山の南部へ行ってきた。

「一目百万本、香り十里」ともいわれる南高梅の里。
まだちょっとだけ時期が早かった。
それから中辺路の近露で温泉に入り、十津川をまわって帰ってきた。

                                                                               
[353] [352] [350] [349] [348] [347] [346] [345] [344] [343] [342]
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
9 10 11 13
20 21
24 25 27
29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索