Write | Admin 
東北から帰ってきたら、二男の猛が足と背骨を圧迫骨折して入院していた。2mほど下のコンクリートに落ちたらしい。まあ命があって良かった。怪我は常に無益だが、痛い目するたびに賢くなるものだから、たまにはいいだろう。病院へ着替えを持っていくと、本人は神妙な顔して思索に耽っていた。

帰りに妻と温泉に立ち寄り、じっくり温もったら久々に良く眠れた。

朝になってまだ天気が良いので、四国あたりへ出かけたくなり、車を洗ったが、洗い終わると妻が「ありがとう」と言う。
この車、今日は家族が使うことになっていたのを忘れていた。
まあいいか、たまには旧友の川村君でも誘って、パジェロで出かけるかと思っていると、お茶の葉を炊いて干してるので見ていろという。どれくらいで乾くのかと聞いたら夕方までかかるとのこと。
しゃあないなあ。
という訳で、今日は家にいる。じっと見ていても退屈なので、草刈りでもするか。


先週、和歌山の実家で収穫してきたお茶っ葉。
全然関係ないけれど、左上にちょこっと見えている物干し台の足は、今や世界的な彫刻家となった某さんが、芸大生時代に作ってくれた“置き土産"。
さすがに若い頃からいい仕事をする人で、四半世紀を過ぎてもガタが来ない。またそろそろペンキを塗り直さないといけないな。
某さんは今スペインで、生涯懸けても完成しない人類史的超大作に取り組んでいる。凄いスケールの仕事だ。
さあて僕もがんばらないと。草刈り!草刈り!
 
[34] [33] [32] [31] [30] [29] [28] [27] [26] [25] [24]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索