Write | Admin 



快晴の休日だったが、今日は読書の一日になった。完読!
この本は、彼が時速5キロで歩くように、正味1日かけて250頁じっくり読ませて頂いた。

エジプトから南ア喜望峰までの11,000kmの道程を316日間かけて歩ききった吉田正仁さんの記録!
熱中症、血便、強盗被害、、、と、まさに命懸けの独り旅だったが、多くの見知らぬ人々の親切に支えられて成し遂げられた偉業だ。
「皆が裕福な生活を送っていたわけではなかったし、行きずりの旅人など無視することもできたはずだ。それなのになぜこんなにも優しくなれるのだろう。アフリカではたくさんの物乞いを目にしたが、私もまた、人の優しさをもらって生きる物乞いだったのかもしれない。」という終章の言葉には胸が熱くなった。


彼が無事喜望峰に到達したことをfacebookで知った日、愛媛から京都へ帰る途中で彼の郷里の鳥取に立ち寄り、コンビニで日本海新聞を買って、掲載された記事の紙面の写真を、まだ喜望峰にいた彼に送ってあげたことがあった。
その時から、この快挙はいつか本になるだろうと期待していただけに、嬉しい。読み終えてとても爽やかな気持ちが残った。こんなノンフィクションいいなあ。
[2031] [2022] [2033] [2032] [2020] [2019] [2017] [2018] [2016] [2029] [2015]
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
3
7 8 10
15 16 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索