Write | Admin 



リヤカーを引いて世界中を旅している冒険家吉田正仁さんの新著が出た。
『リヤカー引いて世界の果てまで 地球一周4万キロ、時速5キロのひとり旅 』(幻冬舎文庫) から5年。今度は、小学館から単行本での出版。
昨年11月25日に彼の地元の倉吉市で開催された写真展でお会いし、相棒リヤカーの現物も触らせてもらった。
ひとと同じような人生は送りたくないと話していたのが一番印象に残った。
すごく背の高い方で、180cm以上ありそうに見えた。

写真のセンスも素晴らしい。
絵はお描きにならないということだったが、腕を磨けばきっと素晴らしい画家になると思う。
[2032] [2020] [2046] [2019] [2048] [2017] [2018] [2016] [2029] [2015] [2040]
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索