Write | Admin 





デザイン書道家の皆様へ、『日本のデザイン書道家(本年12月発行予定)』応募のご案内です。

弊社が『日本デザイン書道名鑑』を発行し、早くも18年が経過しました。この間、「デザイン書道」という言葉が普及して新語になり、映像や広告の世界で優れた筆文字作品が溢れる一方で、時には言葉だけが独り歩きして、奇をてらっただけの下手くそ文字が「デザイン書道」として大手を振って歩いたり、Wikipediaでも「デザイン書道」について見当外れな定義がなされたり(※)と、苦笑することも多い日々でしたが、この度、JDCA(一社・日本デザイン書道作家協会)久木田理事長がデザイン書籍専門のマール社さんと話をつけ、株式会社アドシアターの企画編集で『日本のデザイン書道家(仮題)』を発行する運びとなり、ようやくデザイン書道の褌を締め直す時が来たなと久々にアドレナリンが湧いています。

掲載作家は紙面の関係上200名程に限定されますが、これは18年前の「名鑑」と同じく作品と作家の連絡先を記載する、「プロが仕事を取るための本」ですので、奮ってご応募ください。
もちろん弊社の『筆文字なび』部門も、全面協力させていただいております。

※故桑山弥三郎氏は、『デザイン書道名鑑』の巻頭頁で「デザイン書道」をこう定義づけています。
「デザイン書道とはデザインの要素として毛筆体を取り入れることやロゴタイプの表現を毛筆で表すことなど書道にデザイン意識が加わったものを言う。複製されるためにサイズの変化に耐え、墨から色になったり多くの制約を受ける。それは書道といっても観賞だけでなく使用目的が明確で優先され、その内容を表現する線やかすれや字体が求められる。さらに美しく、読みやすく、印象が強いもの。その上に強さや、親しみ、優しさ、さわやかさなどがつけ加えられることもある。(以下略)」
http://www.sho.ne.jp/designshodo.html




早いものでもう18年が経ちましたか。
あの時はこの本と『日本のイラストレーター1000人』の同時出版で体重が10キロ減った。
もう二度とやりません。




故桑山弥三郎氏と。2001年2月3日、桑山さんの著書の出版記念パーティーで。
[1815] [1814] [1813] [1812] [1809] [1808] [1807] [1806] [1803] [1802] [1801]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索