Write | Admin 





今日からコブラの粉末を飲み始めました。

中学生の頃にハブを飲んでその香ばしさに病みつきになり、棚の瓶をいくつも空っぽにして、親父が買うのをやめたというようなことがありましたが、このクレオパトラが愛したコブラの毒素は、中枢神経を破壊して人間を殺し、しかも肉体の外見はそのままに保つもので、ただ不思議なのは、神経を破壊する毒が、個体が死ねば逆にその個体が、人間の乱れた神経を整えるというこの不思議。
今日初めて飲んだばかりですが、なんとなく実感しています。
今のところ少々のことをしても、気分も良く、不整脈なし。よーし‼︎^ ^‼︎

とは言うものの、ネットを見る限りコブラの成分と自律神経を直接結ぶ記述は見当たらない。スペルミンとかアルギニンとか出てくるのはどれも精力絶倫凸情報(^^;;
まあいいか…




不整脈発生の直前に「牛黄」。
これは牛の胆石を乾燥させて粉末にしたもので、常時持ち歩くことにする。
ひと匙1,000円の貴重品ではありますが、気高い香りがして、味は非常に美味‼︎ 美味‼︎ 美味〜‼︎
[1573] [1572] [1571] [1570] [1567] [1564] [1565] [1569] [1568] [1563] [1566]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索