Write | Admin 






(↑ぜひ拡大してご覧ください)

裸眼で金環食を観ながら時々周辺に目をそらせると、さわさわと揺れる木漏れ日が目に入った。
様子がいつもとだいぶ違う。一瞬目の錯覚かと思ったけど、そうではなく、そこに無数の金環食が生まれていた。
風に揺れ動く不思議な円に見入って、月が中央にくる瞬間は見逃したけど、まあええだろう。

二男一家も同じ時間に離れたところで観ていて、哉子さんが、たくさんのリング状の木漏れ日に中に佇む孫娘の、ファンタジックなポートレートを送ってきてくれた(^_^)。
同じものを観ていた。






[498] [497] [496] [495] [494] [1205] [492] [491] [490] [489] [488]
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
9 10 11 13
20 21
24 25 27
29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索