Write | Admin 


https://ameblo.jp/hisayacchi/entry-12445904010.html




最近の毎日新聞は、ろくに取材をせずネットからネタを収集して、正義漢ぶって不見識なことを平気で書くが、この病院の一件も、取材はしているとは言え、売らんがためにことの重要な一面を取り上げず、医療の現場に無知な一般人をミスリードする悪質な手口。
北爆の素顔を暴いた大森実を追放した60年代後半から、堕落の一途だ。
こんなことばかりしていたら、いずれ潰れる。


(写真/佐々木俊尚さんのfacebook頁より)




注ぎ終えてから「そうや!写真撮るからも一度近づけて!」と言ったら、升から溢れるほど注いでくれた。
いいお店だ。


















御池地下街ZESTの「魚倖」さんにて。
大好物の赤ナマコ^ ^





春を探して南紀へ梅の匂いをかぎに行って来た^ ^
まだちょっと寒かったけど、「香り十里」と言われる梅畑。
8年前、肺炎から生き返った時にも、体が欲するままに、温泉の湯気とここの空気を吸いに来た。なんとなく体に良い感じがする。きっと効いたと思う。

ところで8年前に、まず助からないという間質性肺炎になった時、まだやり残した事がたくさんあるので、せめてあと10年生かしてくれと祈って、その約束の歳まで残り2年になってしまった。
検査では僕の血管年齢は20代前半だが、肺年齢は80歳らしい。あの肺炎のダメージというわけでもなかろうと思うが、肺を気にする今日この頃。

つい最近まで、死ぬときは心臓で逝くと思っていたが、牛黄入りの漢方薬で頻脈がほぼ完治し、代わりに肺リスクが浮上した。
特に僕は飲酒をしない時は早食いの癖があるので、誤嚥性の肺炎になる可能性が一番高い。犬みたいな食べ方はやめなければいけないが、見ていると犬は誤嚥しないので、あの姿勢を見習って食べれば良いかもしれない。

南紀の梅の話から横道にそれた。。。



廿日市の海辺のマンション。
父母と親交があり、母の告別式でスピーチをして下さった方と7年ぶりの対面、お見舞い。
「口で生きていますから」と、まだまだお元気そうで良かった。

中国道を通って20時帰宅。


これで息子たちも、ちょっと安心だろう。


長男の子がいつも見ている風景、石鎚山脈。
温泉でまた体重が増えたので、昨日は朝食として飲んだ減量プロテインで昼食を抜き、夕食はトンカツ定食と日本酒二合。
帰宅して『ダウンレンジ』というR-15のスリラー映画を早送りで一本観て、42度のぬるま湯に10分浸かって布団に入り、タヒチのゴーギャンの屋敷らしき所で、裸でパンツの代わりに濡れた不織布を前に貼り付けて、部屋の中でトイレを探してうろうろしている夢を見て夜中に目が覚めた。
あまり知的でない1日だった。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4
7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索