Write | Admin 






天気がいいので京北町を走ってくる。
鞍馬の芹生峠から貴船に至る道道、北山杉の林が去年の台風で、いたるところ酷いことになっていた。
なんとか通行は出来るようにはなっていたが、その他はほとんど手付かずの状態。台風は温暖化で年々大型化するし、またこんなことになったら、日本の林業は立ち行かんだろうと思う。



ご近所さんでいちばん綺麗なお家。
今の時期、仕事の往き帰りはいつもこの前を通っていい気持ちにさせていただいてます。謝謝!

(花はツツジではなく薔薇です)


捨てた種から勝手に生えてきた枇杷。
いつも熟す直前にカラスにやられる。



京都の城陽市へ行った帰り道、宇治を通ったついでに、まさかもう残ってないだろうと思いながら、学生時代の1971年秋から75年春にかけて住んでいた莵道東中のアパートを探しに行ったら、なんとそのままの姿で残っていた^ ^‼️
大家さんも、とうの昔に鬼籍に入られているはずだが、近接する大家さんちの石垣も大きな門も、当時のままの姿で立派にリフォームされていた。
この古びた建物が、どういう事情で残されているのか分からないが、こういうスポットってあるんですなあ。

麻雀に明け暮れた帰らざる日々。。。






色んな思い出があるが特に強烈だったのは、この屋根。
当時この右側の小屋はなく、一面畑だった。
ある冬の夜、月を観ようとこの屋根の上に下りたところ、凍っていて滑り落ち、畑に尻餅をついたのだが、ああ生きてた!と思って背中を後ろにやるとその背中に杭が立っていた。
あと10センチ手前だったら、間違いなく肛門から串刺しになっていたところだ。思い出しても寒気がする。





毎日毎日200本以上の消去作業。
これだけで僕の人生、通算どれだけ浪費させられてるか。
せめて一度ぐらいはブログのネタにしよう。



九州へ行くつもりが松山道大洲ICで出そびれてそのまま南下。足摺岬をまわって土佐に来た。
楽天の直前予約で申し込んだ「サザンシティホテル」だが、ルームサービスがあるのは有難い!
待っている20分間で体を温めて、さて‼️いただきます‼️







しかし、量が少ないなあ、、、



愛媛の友人宅で、息子さん交えて三人で十数年ぶりの麻雀。
国士無双でリーチかけたら振り込んだ^ ^



(5月8日夜)



快晴の休日だったが、今日は読書の一日になった。完読!
この本は、彼が時速5キロで歩くように、正味1日かけて250頁じっくり読ませて頂いた。

エジプトから南ア喜望峰までの11,000kmの道程を316日間かけて歩ききった吉田正仁さんの記録!
熱中症、血便、強盗被害、、、と、まさに命懸けの独り旅だったが、多くの見知らぬ人々の親切に支えられて成し遂げられた偉業だ。
「皆が裕福な生活を送っていたわけではなかったし、行きずりの旅人など無視することもできたはずだ。それなのになぜこんなにも優しくなれるのだろう。アフリカではたくさんの物乞いを目にしたが、私もまた、人の優しさをもらって生きる物乞いだったのかもしれない。」という終章の言葉には胸が熱くなった。


彼が無事喜望峰に到達したことをfacebookで知った日、愛媛から京都へ帰る途中で彼の郷里の鳥取に立ち寄り、コンビニで日本海新聞を買って、掲載された記事の紙面の写真を、まだ喜望峰にいた彼に送ってあげたことがあった。
その時から、この快挙はいつか本になるだろうと期待していただけに、嬉しい。読み終えてとても爽やかな気持ちが残った。こんなノンフィクションいいなあ。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
3 4 5 6 7 8
10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索