Write | Admin 







土曜の午後に僕一人しかいない秘湯。
前に来たときは、隣の女湯に常人とは見えない美人が入っていき、しばらくして室内大浴槽の塀越しに、美しい謡が聞こえてきた。
半球の天井にエコーして、とても幻想的だった。
天女を想い浮かべながら、ふにゃふにゃになるまで浸っていた。

[103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93]
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
9 10 11 13
20 21
24 25 27
29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索