Write | Admin 


高倉健さんがお亡くなりになった。
健さんについて書かれた本が読みたくなってAmazonを見たら、何コレ?
新本が品切れなのは仕方がないけど、定価 2,600円の「独白」と、3,780円の「想」が19,800円?
これだけプレミア付くなら間違いなく増刷されるから、待つとしょう。

しかし健さん、良い俳優だったなあ。
あの人の魅力は、ズバリ「"叛"の美学」にある。
常に弱い者の側に立ち、理不尽な権力・暴力に対し、限界まで耐え忍んだ果てに、単身捨て身で立ち向かうあのクールな姿が美しかった。

ある時は責務と人情の間で決断に苦悩する軍人。ある時は人知れず深い悲しみを抱えた寡黙な中年男。そしてある時は心優しき孤独なテロリスト……
こうして思い返すと、健さんが演じた役柄で、彼以上にぴったりの俳優はいなかったなあ。彼のような人を「掛け替えのない人」と言うんだな。
寂しくなるなあ。




[976] [975] [974] [2096] [973] [971] [970] [969] [968] [967] [966]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 8
10 11 13 14 15
16 17 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索