Write | Admin 
石破茂が野良着を着て大八車を牽きながら、ジョギングするように早足で僕の前を通り過ぎる。鳥取に向かっているようだ。停車している大型車両の隙間を縫って駆けて行くが、大八車が車両に当たろうが当たるまいが意に介さず走り去る。彼の姿が視界から消え、「ヒョッ!ヒョッ!ヒョッ!」という鳥のような掛け声が遠ざかって行った。
「次の総裁選に備えて、身体を鍛えているのか。ご苦労なことだ」と感心しながらカラスの鳴き声で目を覚ます。

この時期のアフリカ大陸を、リヤカー牽いて縦断中の吉田正仁さんのことが気になっていたのと、石破茂氏が彼と同じ鳥取県の出身でメタボ気味な事、安倍政権が下り坂に差し掛かったこと、まあ今朝の夢の構成要素はこんなところか。
ともあれ、吉田さんの無事を祈ります。


[956] [955] [954] [953] [952] [951] [950] [949] [948] [947] [946]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 8
10 11 13 14 15
16 17 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索