Write | Admin 
僕の脊柱管狭窄症は、4箇所ヘルニア2箇所すべり症になっていて、MRIの画像を見た整形の先生から、「脊柱管狭窄症としてはかなり立派な方です」というお褒めの言葉も頂いた。
当然ながら常に痛みと同居の状態。でも最近、こんな状態でも、一つだけ良いことがあるのに気が付いた。
それは、壁にもたれた時の痛みの和らぎ。 椅子に腰を掛けた時のホッとした安息感。 横になった時の心地良さ。 ザバ~ン!と湯に浸かった時の無重力の解放感・・・。
こういう快感は、日常的に痛みを抱えていない健常者には絶対に味わえないものだ。
先ず、痛みに感謝しょう。そして、痛みがもたらす快感を満喫しよう。
そういう訳で今日もまた温泉へ行く。♨


As for my backbones, four places suffer from hernia, and two places
seem to suffer from these symptoms.
When the doctor of orthopedics saw the X-ray photo of my backbones, he
jokingly praised me, ' You have a great variations of advanced
symptoms.'
Of course, I always feel pains of the backbones. But I noticed some
good things from this situation.
A pain softens when I lean on the wall, a feeling of relief when I sit
down on a chair, comfort when I lay down, a feeling of freedom when I
soaked in hot spring.
Anybody who doesn't know back pain can't feel these kinds of pleasant feelings.
I had better to thank my pain and enjoy the pleasant feeling that the
pain brought.
That's why I am going to the hot spring today.


(南紀白浜温泉崎の湯)


そうそう、もう一つ良いことがあった。
痛みで体の動きが鈍くなった分、頭の働きが良くなったことだ。これは言える。
「症」という「病いダレ」が付いていても、脊柱管狭窄症は病気でなくて怪我の部類だ。だからこれによって何事にも慎重になることはあっても、考え方が後ろ向きになることはない。


Oh, I noticed another good thing.
The movement of my body became slow for a pain, but the action of my
brain became good instead.
Spinal canal stenosis is not a disease, it is a kind of injury. That
made me a careful person, but I will not became pessimistic.


[816] [815] [814] [813] [812] [811] [810] [809] [808] [807] [806]
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
9 10 11 13
20 21
24 25 27
29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索