Write | Admin 






JDCA(日本デザイン書道作家協会)理事長の久木田さんが突然お見えになり、デザイン書道家の名鑑を出したいと言われたのが今年の3月。

二つ返事で、喜んで協力するとは言ったものの、うちが出した18年前は構想から数年、募集から発行まで一年半を要したので、年内に出すなんて無理だよじっくり構えて来年にしたら?って言ったのだが、版下から作っていた18年前と今とでは、本作りのテクノロジーが大きく進化し、また久木田さんの手際の良さも手伝って本当に年内に出来てしまった。僕の時は別の本も同時に出したので体重が10キロ減ったが、もともとスマートな彼も3キロ減って髪も細くなったらしい。やはり命を削らない限り大仕事は出来ないということだ。
それにしても京都と東京では、時間の経ち方も違うようだ。

またアートディレクションを担当したのが、今や日本を代表するグラフィックデザイナーの一人となった美登英利さんで、彼の仕事の早さ美しさも折り紙つき。
彼とはたまに電話で話すだけでもう長く会ってないが、かれこれ40年近く前、地元京都でファッション雑誌のデザインを任された彼が、なかなか仕事に取り掛からず酒飲んで煙草吸ってばかりいるので、こいつ仕事する気あるのか、大丈夫かなどとイライラしながら観てたのだが、入稿当日の朝現場にいちばんに行くと、一晩で仕事を見事に仕上げた美登君が、革の長いソファーの上でアルマーニか何かのブレザーを肩にかけて死んだように眠っているのを見て、胸がいっぱいになったことがある。なかなかカッコいいやつだ。



(今年の3月23日。「年内に出したいと考えてます」「それは無理やと思うで」と話している二人)





うちも2頁書かせて頂いた。(タップで拡大表示)
ほんとお疲れ様でした。大ヒットして増刷されますように!

[1954] [1953] [1952] [1951] [1950] [1949] [1948] [1947] [1946] [1945] [1944]
カレンダー
02 2019/03 04
S M T W T F S
2
4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索