Write | Admin 












昨日は福井にある「金津創作の森」で始まった、久里洋二さんの作品展とオープニングイベントのトークショーを観に行った。

郊外にある創作の森はあまり交通の便が良くないにも関わらず、館長の土田ヒロミさんとのトークショーの会場は百名分ほぼ満席で、90年の齢を重ねた久里洋二さんの飾らない語り口と怖いもの無しの老人力に、会場は何度も笑いに包まれた。

戦闘機を作る軍事工場に動員されていた17歳の夏に終戦を迎え、玉音放送の意味が勝ったのか負けたのかが分からず、放送の後で兵隊が「いよいよ本土決戦が始まるから心せよ!」と檄を飛ばし、いよいよかと思った翌朝、兵隊が飛行場から1人もいなくなっていたという話。
から始まり、
一念発起して福井の実家を飛び出し東京へ。絵筆で生計を立てるには当時絵描きは全国に50,000人もいてとても食えそうにない、それに比べて漫画家はたった7人だったのでこれになろうと第一線の横山泰三に師事したら、7人は自分が知ってる人だけで、実は300人もいた。
なんとか始めた仕事は、共同通信の4コマ漫画。一本千円でこれもなかなか食えなかったという話。

久里洋二さんのトークショーは連続2日間の予定で、初日のテーマは彼を一躍有名にした「11PM」のアニメが話題の中心だったのだが、久里さんは当時の仕事が気に入らないらしく、あのシリーズですっかり自分はエロ漫画家になってしまった、恥ずかしい、もうやめようよ、なんて言うので打ち合わせ通りに進行したい聞き手兼進行役の土田さんは少々困り顔。

途中で「小便に行きたい」と雛壇を下りられて帰って来たら、皇居はトイレが無いから5時間もかかる勲章の授与式(2011年の3度目受賞)は辞退した、オムツして行く人もいるらしいけど自分は嫌、かといってお漏らしすると周りに迷惑かけるし。と、

そして最後に、これからも作りたい作品はたくさんあるが、最近は自分が描いたはずの絵を忘れている、怖いね、と急に真面目な顔。でも、そんなことを隠しもせず格好つけずに言える久里洋二さんの人間力に共感せずにいられなかった。

そんなこんな楽しいお話を1時間半、最前列でお聞きし笑わせて頂きました。^ ^
そのあとは創作の森全館を使った膨大な作品を鑑賞。本展示会は写真をお撮り頂けますと書かれた会場の張り紙は時代の流れを感じさせた。

帰りに、販売コーナーで可愛い猫を描いた久里洋二さんの原画(その絵柄はグッズにも使われていて一番目を引いた作品!)を購入させて頂いたら、思いがけなく、係りの方が1階控え室でご休憩中の久里さんとのサイン・記念写真撮影を手配して下さって感謝。

久里洋二さんどうかいつまでもお元気でいてください!


https://sosaku.jp/event/2018/art-document/





[1932] [1931] [1930] [1929] [1928] [1926] [1925] [1924]
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2
6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索