Write | Admin 


これは先日読んだ彼の自伝より面白いかもしれない^ ^


・・・・・・・・・・追記・・・・・・・・・・・

まあ面白いのなんのって、社長室でゲラゲラ笑いながら読んでる。
やっぱりそうだったかと思ったのは、トランプは本気で大統領になる気などなかったということだ。彼が狙っていたのは大統領の椅子ではなく、大統領選に出ることによって、自分の存在感をアピールし、それをビジネス(金儲け)に活かそうと考えていたということ。ところがどっこい大統領になった途端、その立場をビジネスに活かすことは利益相反となり、たちまち動きがとれなくなる。

特に傑作なのは、勝利が決定的となった時のこと。
「勝利が確定するまでの1時間あまり」の間に彼は七変化する。

「混乱したトランプから呆然としたトランプへ、さらに恐怖にかられたトランプへ。そして最後にもう一度、変化が待ち受けていた。突如としてドナルド・トランプは、自分は合衆国大統領にふさわしい器でその任務を完璧に遂行しうる能力の持ち主だ、と信じるようになったのである。」と、
これには爆笑した。どんなコメディよりも面白い!しかもそれはまだ、リアルの世界で始まったばかりであることだ。
あはは

[1689] [1688] [1687] [1686] [1685] [1684] [1683] [1681] [1680] [1679] [1676]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 8
10 11 13 14 15
16 17 19 20 21
23 25 26 27 28 29
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索