Write | Admin 



20年前まで事務所に使っていた中京区のマンションを今日売却した。
四条・河原町・御池・烏丸通りに囲まれた好立地で30坪の3LDK。京都中心部の物件が不足しているため築30年でも高値で売れた。
このマンションは本社が御池通に移転後、住み着いていた猫のために残してあったもので、その後スタジオ兼倉庫になり、ついこの間まで書類やなんやかんやで立錐の余地もない状態になっていた。かつての億ションも使い途がないとこんなものだ。

買主が決まって約1ヶ月半、特にこの2週間ほどは片付けに休日返上。捨てて良いもの悪いものの選別が大仕事。社内外のスタッフ十数人で1トン余り産廃として処分し、残りを本社と別の倉庫に移動したため、いま仕事場には段ボール箱が溢れかえっている。

しかし物が溢れていた時には気付かなかったけど、こうして空になった部屋を見ると、こんなに広かったのかと思う。
ここから色々なアイデアが生まれた。忘年会も毎年やって、イラストレーターの方々を中心に、多い年には70人も集まって、夜通し飲んだ。

感謝を込めて、さようなら!







【追記20190905】
ところで、少しづつしか運び出せないため、荷物出しに実質10日以上かかっていたのだが、大詰めになった頃、マンションの住人から管理会社に苦情が行き、担当から、マンションの規定で、引っ越し作業は全て専門業者に委託し、ちゃんと養生もしていなければいけないということを聞かされていた。
然しながら、こちらの都合に合わせてこまめに取りに来てくれる専門業者などいるはずもなく、それに、もはやこちらはアルバイトもレンタカーも手配済みで、絶対に引き渡し期日までにきれいにして退出する必要もあり、またこの時期、学生の街京都で急に引っ越し業者を手配することは不可能だったため、諸々の事情で押し切ってしまった。

住人から再々の苦情が入り、管理会社の担当者がカンカンになって電話をかけてきたのは、引っ越しが完了した直後だった。

もともとここのマンションの住人たちとは、猫を飼っていた頃から相性が悪かった。
こちらが建物の新築当初から入っていたにもかかわらず、皆と同じように共益費を払っているのに、法人だという理由で、二輪置き場にスペースを分けてくれなかったり、バイクを入れていたら勝手に道路に移動されていて駐禁でやられたり…、と、大体やることが陰険だった。
もう猫もいないし、これで縁が切れてスッキリした。

[1516] [1515] [1512] [1510] [1507] [1506] [1505] [1503] [1502] [1501] [1500]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 8
10 11 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索