Write | Admin 






堀口磊蔵先生(故人)がうちの顧問弁護士だった頃、千葉県の事案に絡んだ東京地裁での裁判の帰りに、一緒に闘っていた先生(現在は裁判官)が堀口先生に言った。

「先生、○○(何かの職業)っていちばん嘘つきですね」
堀口先生ふと足を止めて
「ん? 違うよ」
「!、弁護士ですか?」
「そ」
そう答えて、ちょっととぼけたいつもの表情で、また歩き始めた。

過去も現在も、堀口先生をはじめ僕が同士とする弁護士さんたちが嘘つきだったことはないが、実際弁護士は仕事のために嘘をつく能力も時には要求されるようだ。法廷では追い詰められた方が嘘を連発する。
ただ当然ながら、そういう日常に染まり、自分は嘘がつける職業だなどと勘違いしてしまうと、その癖が抜けきらず法廷の外でも平然と嘘を言ってとんでもないことになる。

国会の答弁でそれをやっちゃいけないよ。
サッサと辞めなさい。





堀口磊蔵先生カムバック!







[1510] [1507] [1506] [1505] [1503] [1502] [1501] [1500] [1499] [1498] [1497]
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索