Write | Admin 

http://jp.sputniknews.com/europe/20160206/1560583.html


先日、ダイコーの賞味期限切れ食品横流し事件の報道を見ていて、経営者の75歳という年齢から、この方は幼い頃に飢えた経験があると思った。
幼少期にそういうことがあると、まだ食べられる食品を廃棄することに嫌悪感を覚え、生業として日常の中でそれが積み重なるうちに、罪悪感に変化していく。
まだ食べられる賞味期限切れ食品の横流しは、彼の心の深い部分では"正義"だったのではないだろうか。

フランスの良識!
賞味期限切れ食品の廃棄を禁止し、人道支援組織を通じて必要とされる人々にまわすことを全会一致で決定した欧州人の民度の高さに敬意!日本の政治家も早速見習え。
[1232] [1732] [1231] [1272] [1733] [1229] [1227] [1225] [1223] [1206] [1221]
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
3 4 5 6 7 8
10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索