Write | Admin 





これは美味い!なんとも言えない素朴な味!
昔の人はこんな美味い菓子を食べていたのか!
包み紙の商品説明を読んで、更になるほどと思った。
京都に来られる方々に是非味わって頂きたい、これが飾らぬ京の味!


皆様がよくご存知の『どら焼』とは、その形がお寺の銅鑼に似ていることより、その様に呼ばれるようになったのですが、笹屋伊織の『どら焼』とは、熱した銅鑼の上で秘伝の皮を焼いたことから、そう名付けられたものです。

江戸時代末期、五代目当主笹屋伊兵衛は、親しくしておりました京都・東寺のお坊さんより、副食となる菓子を作って欲しいとの依頼を受けました。そこでいへえは、お寺ででもお作りできるようにと、鉄板の代わりに銅鑼を使うことを考えついたのです。熱した銅鑼の上で焼いた薄皮に、棒状に形作ったあんこをのせ、くるくると巻き込んだものを竹の皮で包んでみました。もっちりとした皮の歯ざわりと程良い甘さ。その美味なること、お坊さんたちだけでなく、たちまちにして町の人々の話題となり、店はてんてこ舞いの有様。しかし、この手間ひまをかけた『どら焼』は簡単に作れるものではありません。そこで困り果てた伊兵衛は、月に一日、弘法大師のご命日の21日だけの限定販売でなら、東寺ご参拝のお土産として、町の人々のにも味わっていただけるだろうと思いついたのです。

以来、今日に至るまで、吟味を重ねた素材、変わらぬ製法で、代々の当主が秘伝の味を守り続けて参りました。現在では、販売期間を3日間に延ばし、毎月20・21・22日とさせていただいております。
時代は移り変われども、真実の味は変わることなく伝承されているのです。
京菓商笹屋伊織は、銘菓『どら焼』を通じて古都京都の面影を、皆様にお届けできましたら、なによりの幸せでございます。

享保年間創業 十代目当主拝」

お店はこちらです。↓
株式会社笹屋伊織 京都市下京区七条通大宮西入花畑町86番地
http://www.sasayaiori.com


[1189] [1187] [1182] [1185] [1181] [1186] [1184] [1180] [1179] [1178] [1735]
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索