Write | Admin 





昔から読んだことをよく忘れるので、特製のノート(このブログのヘッダーに写っているの)を作り、大事なことをそれに書き込んだりしていたが、それは無駄でないにしても効率の面でどうかと思うようになった。
経験上、いちばん記憶に残りそのまま生きた知識となるのは、読んで新しく知った事柄に自分なりの分析などを加えて嫁はんとか誰かに講釈を垂れ、意見の交換をすることだ思うが、付き合わされる方の趣向性の違いとかの問題もあり、この方法は常時使い難い。
そういう時、朝刊の広告で目を引いたこの本。
「速読」よりも「深読」を勧める考え方が、遅読派の僕に合ったことと、スキマ時間の活用で月間30冊は読めるというのも興味深い。その他にもビビビッっとくる巻頭見出しが目白押し!
さて、読ませていただきますか。

[1110] [1109] [1108] [1107] [1106] [1102] [1101] [1100] [1099] [1098] [1097]
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 6 7 8
12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索