Write | Admin 




今回は宿にお金かけるつもりはなかったけど、ちょっとかかってしまったなあ…
でも部屋食はありがたい(^ ^)


https://senamionsen.com/




今夜の湯(^ ^)
熊野古道近露の「ひすいの湯」です。
このまま京都に帰るのはなにか物足りないので、生まれ故郷にある温泉民宿に試しに電話してみると、素泊まり専用の部屋が空いたので急遽高速道路を南部ICで引き返し、スーパーで夕食類を買って、今湯上り。








南紀勝浦温泉浦島の忘帰洞です。




南紀ベルヴェデーレの絶景露天風呂!
風呂良し、料理良し、サービス良し、料金手頃で京都からもう10回は通ってます。お勧めです(^ ^)
今回は思いがけず田辺から周参見まで、つまりベルヴェデーレのすぐそばまでハイウェイが開通していて、家から正味3時間足らずで来れました。







ここは深すぎて写すのは片足だけ。
眼下には下呂温泉の街並みが見えます。

ところでこのこちらの旅館、昭和初期の歴史的建造物で上階には昭和天皇の玉室などもあり、なかなかのもの。
初めて下呂に来て此処に極まれりといった印象です。




(玉室と司馬遼太郎の愛室。HPより)
http://www.yunoshimakan.co.jp




下呂温泉は京都の近くにありながら、ゲロを連想することと、コンクリートと堤防を背景にした河原の野天湯のイメージが強くてこれまで一度も来てなかったけど、なかなかいい湯。
これからちょくちょく寄せて頂きます。(^ ^)



途中立ち寄りでテルマエロマエⅡの宝川温泉にも入湯。
今から夕食です(^ ^)
コチラ↓は今夜の宿、貝掛温泉。
http://www.kaikake.jp


コチラ↓は宝川温泉)^o^(
http://www.takaragawa.com/slide/furo04/01.jpg







未知の超穴場温泉は、まだまだありそう(^ ^)
いつか僕撰の「名湯穴場百選」サイトを作ってみよう。
基準は泉質でなく、「情緒」かな。



(夕食。HPより)

http://www.tomi-kosya.com/artvillgemyojinkan/



「ひうちなだ温泉(瀬戸内東予国民休暇村)」から。

http://www.qkamura.or.jp/toyo/hotspa/
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 4 5 8
10 11 13 14 15
16 17 19 20 21
23 25 26 27 28 29
アーカイブ
バーコード
ブログ内検索